2005 6月21日(火)栃木 くずれ沢Prt-2
写真はExifデータ付き、時間経過もお楽しみ

今更ではありますが、渓流釣りのHPって難ですね。
釣りなのだから釣れた方が釣れないよりは楽しい、そ
して良型のお魚さんが釣れるともっと嬉しい。
だから写真も何時もより大きく貼り付けたりしてしまう、
それは自然な成り行きなのではありますが。

しかし場所は明かされない、AだのBだの。
最近は「くずれ」だの「高巻」だのと、訳わからん。
*/誰のHPだ!
.

アサーーッ
.
以前は川の名前を明記していた、沢だったりするとそれがそのまま
釣り場だったりもしていた。しかし近頃はそうもいかないのでありま
す。
渓流という限られた場所ではしかたの無い事なんですね、苦労して
見つけた沢は大切にしたいと思うのも自然の成り行きと思われるの
です。*/・・・

さて今回は前々回に入ったくずれ沢で、イワナが居るのは確認済み
だ。泣き尺を釣っているが短い行程しか探っていないようなので、
下流・上流の調査におもむいたのである。
.

なんと最初から尺上33cm
.
足跡のほうはどうだろう、・・・上の方に二人くらいが歩いた形跡
があった。
川原に出て下流へ向かう、意外に落差のある渓流になっていて
いいかもしれない。前日にでも雨が降ったのか少し増水気味で、
濁りも入っているような。

いかにも良さそうな落ち込みポイントがあった、下へ回り込んで
フリフリスタート。
遠目から竿いっぱいのレギュラーラインでキャスト。
一発でカポッ!。
毛鉤に喰らいつく、これがたまらない一瞬。
そして強烈な引き、これが嬉しさを倍増させる。

 
これはかーいい                  素敵なポイント

しかし強い引きだ、最初の一発でこんなん初めてに違いない。
引き寄せると尺もの間違いなし、メジャーを当てると何と33cm。
こんな事もあるですね、見るとこれも体格のわりに頭が小さいのは
この渓の特徴なのだろうか。

なんだかボーっとしたような状態で流れに帰したのでした。
・・・・。
次は小さ目の落ち込みだが流れが壁に沿って曲がる、ここもポイ
ントだ。二度目のキャストが流れに乗って、・・・チャポ!。
今度はかーいい20cmだが、今日は釣れそうだぞ。


これも尺近い
.
しかし、その後はアタリ無し、釣れているから用心深く探るから時間
が掛かる。曇ってきたと思ったらパラパラと雨、たいした事はないが
薄いW・ブレーカーを着る。
前回の泣尺ポイントはお留守で通過、悟られたかなァ。

よほどして、雑木が被さる丸い淵は居るはずの所だ。
以前に毛鉤を見限られた床で20cmくらいのが泳いでる、2mライン
を更に半分位に詰めてポトリ・チョンチョン。

ガボッ!、別の岩魚が飛びついた。
デカイ!、強烈な引きをこらえて枝をよけて引き抜いた。
.
  
これは鳴き尺だ                                精悍なる32cm

最初の岩魚とそれほど違わないかも、・・・何と泣き尺・太い。
(3mm足りないかも、詳しくは)
30cmあれば尺と言ってもいいでよう、いいとも!。
この岩魚も頭にくらべて体格が良い、しかしこの太さは見事。

それから暫くアタリ無し、やっぱり沢山は居ないのだろう以前
の印象からしても。

水量がだいぶ少なくなっている、この先の淵が最後のポイント
とになりそうな。静かに近かづいて様子をうかがう、・・・ライズ
は・・・。
・・・あった。


最後はぴったし30cm
.
尺の後、ラインは竿いっぱいのレギュラーサイズに替えてある。
遠目から体を低く用心深く、キャスト。

ジャポ!グググッ!!凄い。
細身の竹ダモに納めるのに苦労した。
これがまたも30cm。これはバランスの良い素晴らしい体格を
している、引きの強さを納得する。

穴場と言うにふさわしい岩魚たち、大切にしたいと心から思い
つつ流れに戻す。
.
きっとビタミンCが
.
帰路のみちすがらの木苺、昔は沢山あったのですが。
甘酸っぱい実を食べながら、ぶらりぶらりと降る道。

それにしてもこのところの大物岩魚はどうしたんだろう、そして
今日の尺ガミがらみの5匹。

こんな幸運はそうは続くまい、続かなくて良いのだ。
釣りに出かける事に意義がある、釣れようが釣れまいが大自
然で楽しむ為に、また出かけよう。

       前の日記6/13←→次の日記6/28

             05年のメニューへ
.